Main | March 2005 »

PSM

昨日、今期初の対日本のチームの試合があった。昨年の今頃と違うのは、比較的相手チームとの戦力差を感じないところ(とは言ったってまだまだあるんだけど)。果たしてブラジルで鬼軍曹にしごかれた成果やいかに・・・・・と思いつつ、仕事なので会社のPCでネットをチェック。

がーん

・・・・・DFからして全くスタメンが予想と違うんですけどー!

【自分】 健太郎  萩村  兄者  リマ  →【スタメン】 青野 丸山 兄者 弟者

青野ねぇ、青野ねぇ、青野ねぇ・・・・今年も監督の考えることは判らんねぇとぼやいた所で試合開始。
で、試合開始後30分位して「どんなもんかね」と遊び半分に覗いてみると、なんと先制しているではありませんかっ!

種々の情報を総合して想像するに、得点シーンは22分。青野のスルーパス→ファビ、犬のように追いかける。相手DFがあきらめた所でボールに追いつき、慌てふためくマーカーを尻目にクロス→優作さんルーレット炸裂、で一丁あがり(ハァハァ)。
支配されて支配されて耐えて耐えてカウンターって芸風は変わらないんだけど、先制するなんざスゲェじゃん!って思ったところで前半終了。まぁ、このまま行くとは思わんが、ま、これだけやれば大したもんだ。

後半は仕事してたらいつの間にか終わってた。

ふと気がついたら、もう4時を回ってたんで詳しいことは良くわからんが、荒業使って同一チームから引き抜いたレッツゴー3匹の一人にこそこそ打ち込まれたらしく(その前にウチの左を崩された段階でジ・エンドという気がしないではないが)、1-1のドローで終わってましたよ、えぇ。因みにシュート数は新潟6に対して相手15。よくまぁこれだけ打たれて1点で済んだもんだ。余程ノザが神だったのか、磐田(今日の相手はそういえばこいつらだった)が逆神だったか。まぁ、試合後の会見で監督は「守備に手ごたえ」って言ってたから大丈夫なんでしょう(何がだよ!)。

果たして今日川崎にわざと負けた(としかか思えない)東京相手にどんな策を練ってくるか、今から楽しみだねぇ。

開幕まであと5日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ようやく

更新(笑)。

今日は最近読んだ本の事と考えた事を少し。

普段よく読む本は中公新書の歴史系の物が多いんだけど、最近サッカー物を2冊ほど読んだのでその話を。

読んだのは「狂熱のシーズン」と「僕のプレミアライフ」。どちらもとてもポピュラーな本(昨年あたりいろいろなアルビ系サイトで読後評を見ることができた本)で、内容は両方熱狂的なサポーターによる自伝(?)的ルポルタージュ、といったほうがいいかもしれない。

読んで、国は違えどサポのやってることなんて殆ど変わりが無い、ってことが判った。これが意外と収穫かもしれない。

とにかくチームを愛する。たとえつらい目にあうのが判っていたとしても、何百kmも離れた場所のアウェーにチームと一緒に行く。(これが私と違う所だけど。)どんなに負けがこんできても、文句を言いながらも次のホームゲームに足を運ぶ。どんなに弱くたって、見放すことができない・・・・・。

こういった思いは万国共通なんだね。何も、イングランドやイタリア、スペイン、ブラジル、アルゼンチンなんかが特別じゃないんだ。

「どうしようもないくらいチームが好き」、この思いだよ。根本的には同じで、その表現方法が若干違うだけ。

だから、自ら「サポ」を名乗る以上、チームを「好きにならずにいられない」気持ちをどんな形で表すか、個人個人がその気持ちを原動力にして、いかに自分で考えて行動に移せるかが大事、って思うわけです-自戒をこめて-。
どんな思いも表現することでしか伝わらない、というのはある意味真理なわけで(日本人は、以心伝心を好むところがあるけれど)、それに則れば自然、上のような結論に行き着くと思うのですが・・・・・。

今シーズンも「表現方法」で試行錯誤、苦闘しながらの一年になりそうです(苦笑)。

開幕まであと7日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポンサー様

やっと背中のスポンサーが決まったでござんす。天下のビル様MSNでございます。今年の背中にはあの蝶々マークを背負うことになりました。スポンサー料は噂では1億とも1.5億とも。この不景気に頑張って金出してくれるなんざぁ、ほんっとにありがたいことです。

だからと言って、あのレプリカ買う気にはどうしてもなれんのですが・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よその芝生

やっぱり青く見えるのはしょうがないのか?

桜5-0熊、鹿2-0肛門、瓦斯6-1山猿、風呂4-2温泉・・・・・。

ライバル達の仕上がりの良さだけが見えて仕方ないのよ。何とかなんねぇか、これ(笑)

こんな風になるのはウチは極端に情報少ないからで仕方ないんだけど、実際今年も苦労しそうだなぁ。チャンスがあるとすれば、元からJ1にいたチームが1年通しての戦いに慣れてない所を突くくらいだろうし。
本当に勝ち点をコツコツ拾っていけるかどうか、そんなチームをどれだけ支えていけるか、チームもサポートも大変そうだ。

人事みたいに言ってる自分もその1人だったりするのだけれど(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近

朝起きると顔がむくんでて、夕方会社出るとき足がめちゃめちゃむくんでるんだけど、どこか悪いんだろうか?

さて、最近ではないけど見た夢で、すごくリアルなのがあったのでその話。

良く晴れた元旦の昼間、東京学館あたりの日沿道沿いの農道から北の方を立って見ている。真っ青な空、なぜか見えるNEXT21と日航ホテル。すると、上空右から左に1隻の飛行船がゆっくりやってきた。飛行船の上の部分(風船?)が非常にリアルな魚の形をしている。そしてその腹にはしっかりと「ぶり」の文字が・・・・。

今日の夕ご飯にブリ大根が出てきて、それをふと思い出した。

外は雪が降ってるけど、リマが「こんな寒い土地じゃやってけねぇ!」って新潟が嫌にならないといいけどなぁ。ファビ、リマにラーメンでも奢って慰めてやってくれ。頼んだよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

練習試合

結局ブラジルでは1回しか勝てなかったみたいだけど、山口曰く「昨年よりは土台が高くなっている」だそうで。
確かに戦力的にも大分レベルアップしてきてるみたいだし、そんなに悲観することも無いのかな。これから静岡での2次キャンプで修正するところを修正して開幕を迎えてほしいものです。

毎年今頃になると、段々不安と期待がまぜこぜになった微妙な気分になるものだけど、去年の今頃とは違って、不安>期待じゃなくて不安≒期待、丁度半々に近い感じかなぁ。いつもの年より期待が少しだけ大きい。

早く東京に行きたいぞ(笑)。でもその前にゲーフラ作らなきゃ。開幕の準備の方がこれから忙しくなりそう。

【試合結果】

新潟1-1コリチバ
得点者:エジミウソン

新潟0-2アトレチコPR  (オフィシャルより)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日

デジカメからPCに画像落とそうとしたら、電池切れであえなく断念。それにしても、PCのスキャナとカメラウィザードが起動したりしなかったり・・・・・なんとかならんかね。

昨日、今日と地元紙には新潟の練習試合@ブラジウの結果が出ている。今の時期にフォメが固定されてるってのも怖いけど、「相変わらず試行錯誤してんなぁ」と思った。特に右サイドのリマと弟者の共存が色々なパターンでテストされてるように感じる。丁度去年の今頃ファビと慎吾の共存が問題視されたのをふと思い出した。上手く解決できるといいね。しかし、数年前を考えれば贅沢な悩みだよなぁ・・・・・。

おとといカミさんが急に具合が悪くなっちゃってバタバタしたらすっかり忘れてた。チョコとマグ、カミさんと子供がくれた。

サンキュな。美味かったよ。

P2150076

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最後の一杯

_001今日はカミさんが急遽ダウンでバタバタ。
仕事を放り出して帰り(上司に「仕事は明日ちゃんとやります!」って言いながらカバンを掴み、走って帰った。我ながら真面目だ)、急いで子供を保育園から連れ帰ってその足でみんなで医者へレッツゴー。カミさんは風邪による急性胃腸炎(?)で点滴、子供もついでに診て貰って帰ってきて、晩御飯2人前作って後片付けして、子供と風呂入って寝かしつけて・・・・・・。

カミさん、偉いわ。オイラこれだけで疲れたもん。明日には回復するといいな。

・・・・ってな訳で、今日はこれでおしまい。本当は最近読んだ本の事書きたかったんだけど、それはまた今度。

で、タイトル。去年の梅雨時に作った梅ジュース、めでたくこれで最後の一杯。また今年の梅雨時に作ろう。

【我が家のレシピ】

材 料:梅、上白糖(お好みで氷砂糖でも可)
*量は梅と砂糖は同量。よく梅干用に1キロ単位で売っているのでそれを使うと作りやすい。

作り方
①梅は洗ってよく拭き、ヘタを取る
②梅酒用の広口ビンは焼酎でよく洗う(殺菌のため。これがうまくいかないと腐敗することもある)
③梅→砂糖の順でビンに投入し、ふたをして冷暗所に保存する。1ヵ月後位から飲めます。
写真は単にミネラル割りですが、炭酸なんかで割っても美味いと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

酢豚

P2130070今日の夕食は酢豚だった。

酢豚の味って、中華料理屋でも1軒1軒まったく違うものだけど、大体がケチャップ風味のなんとなく甘い感じの味だと思う。我が家でもいままではそうだった。レシピなんぞまともに見て作ったことがないから、「何となく」酢豚だった。

ある日、ある雑誌をみて「あー、これ!」とうちの奥さんが叫んだ。「なんじゃい?」と除いてみると、雑誌のページには何とも美味そうな酢豚の写真があるではないか!これは作らずにはいられまい、って事で早速レシピを見てみる。

ここで、もう一回自分の経験値で「酢豚」の中身を思い出してみる。肉-これは主役だもんな-、玉葱、人参、筍、そしてピーマン。こんなところか。

しかし、その雑誌の写真には野菜なんぞひとかけらもない、まさに「酢豚」だった。これは真面目にショックだった。
なんでも、酢豚は完璧に「肉を楽しむ料理」なんだそうだ。どうりで、野菜が入ってないわけだ。
しかも、レシピにも「ケチャップ」の文字はない。酢と砂糖と酒と醤油、これを混ぜて一煮立ち。ただそれだけ。

?!ケチャップ、入れないの?どんな味なのよ?

早速作ってみる。詳しい作り方はめんどくさいから省略。できた酢豚は酸味、甘み、しょっぱさがいいバランスで、しかも甘ったるくない、実に中華らしい酢豚だった。
この時は酢は普通のJapanese米酢を使ったのだけれど、フードデポでユウキの鎮江黒酢(120ml)を見つけたので今はそれ使用している。より「中華」な感じで美味かったっす。

今晩もお腹いっぱい。あー幸せ・・・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

おぉ。

新潟 3(リマ、中村、河原)-2 アトレチコPR(オフィシャルより)

今期初の練習試合で勝ったのか。凄いな。

やっぱり補強とかで着実にチーム力が上がってるんだね。去年の今頃なんてどっかのユースにしか勝てなかった事を考えれば、「ある程度形ができてい」て、さらに勝てるなんてえらい進歩だと思うわけです。
映像なんかで相手のレベルやらウチの選手の動きやらを見たわけじゃないのではっきりわからないけど、なんとなく期待できそうな感じですな。

いかん、なんかもうワクワクしてきたぞ(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とりあえず

今日から始めてみるかね。

昔から、このテの物(日記とか、日記とか、日記とか)は全部三日坊主。果たしていつまで続くやら(笑)。

興味のあることはイロイロあるんで、追々それについては書くとして、まぁ、まずは気楽に始めてみましょうか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Main | March 2005 »