« February 2005 | Main | April 2005 »

とりあえず

勝ちゃぁいいんかい?本当にそうなんかい?

残留には勝ち点必要ですか。そうですか。

ま、とにかくペナ近辺で下手な真似だけはやらんでくれ。ノザだっていつも止めてくれるワケじゃないんだから(笑)。

【ナビスコ杯第2節】
新潟1-0神戸
【得点】39分 寺川

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あのなぁ。

CUPS相手に5失点ですか?サテ組だって言ったって、あんた方仮にもプロだろう?プライドってもんは無いのかい?いっつもトップチームと練習してるのは何のためよ。

ってわけで、今年はどうもおかしい。原因がわからんほどおかしい。なにもかもがおかしい。

大宮戦見に行った某氏の情報では2000年シーズンくらいのダメっぷりらしい。

いやね、実はこれでG裏減ってくれるとありがたいね。サポも2000年シーズンみたいに一人一人が頑張らないとどうしようもない世界(あの当時は一人一人が死ぬほどやってもダメだったから、なんとか頓知で勝とうってな具合だったが)。

今のG裏、はっきり言って、自分がそこにいるのに人任せにしてる人が沢山いるよね。「自分がそこにいたならやるべき事」をわかってて来てるはずなのに判ってない、というか、自分自身で表現できない人間だらけだというか。

今日注文した浦和本、読んで自分のやれることをもう一度考えよう。感想はまた今度。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

0-2

もう何か言うのも嫌だ。ふざけんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日のお話

日曜の試合の記事を書くのに3日もかかったせいで、記事が遅れ遅れになってしまって・・・・・。

昨日、久しぶりに練習を見に行ってきました。メニューなんかは別のサイトを御覧いただくとして(笑)、感想を一言二言。

①練習でできないことはやっぱり試合でもできない。
→特にサテとトップの境目の選手、もっとアピールしなきゃ。積極的にシュート打つとか。あ、シュートはトップの選手にも言えるけど。

②ナビスコは新戦力発掘に使おう!
→何となく、この前の練習(紅白戦?)を見てるとそれに使うんじゃないか、って思った。藤井君、チャンスだぞ(笑)。

③聖籠は寒い!
→夏は暑い(両方とも、遮る物がまるで無いことに起因)らしい・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第2節

先週は0-4の大虐殺。今週は果たして・・・。

天気は吹雪。さぞ大分の人達にはつらい天気だろうなぁ。俺達でさえ凍え死にそうだもの。選手が怪我なんぞしなけりゃよいが。

てなわけで、色々なセレモニーの後キックオフ(笑)。こちらの狙いは簡単。大分の急造(?)3バック裏のスペースを徹底的に突いて大分のディフェンスをパニクらせることしかない(それしか手段が無いともいえるが)。そしてその狙い通り、開始1分、スルーパスに反応したエジが右サイドを蹂躙、グラウンダーのクロスを入れる。中で優作がキーパーと心中し、ボールがこぼれた先には慎吾!しかし、無人のゴールに蹴り込まれるはずのボールはなんと!あろうことかサイドネットに突き刺さる。

ちがーーーーーう!!!!

こんなきれいなチャンス、そうある物じゃないだろうに!

今日はピッチが滑るからなのか、両方ともスピードの有る攻撃があまり見られない。だったらパスを回して、と思うのだが、こちらのパス回しはあまり上手くいかない。(これはいつも思うのだが、どう贔屓目に見てもどのチームよりウチはパス回しがヘタだ。相手チームのように出し手と受け手できちんとつながったためしがない。いつも苦し紛れで,突如2、3回つながるとそれがチャンスに早変わり(笑)。突飛過ぎて相手が対応できないのだ。きちんと4本パスをつないでゴール、ってのをいつか見てみたいがいつのことか・・・・。)何だか大分の方がボールを動かしていい雰囲気だ。

「やっぱり最初だけだったか!」

そう思った瞬間、チャンスが突如やってきた。29分、開始早々の惜しいシーン同様、寺川のパスを受けたエジが相手の左DFを体の入れ替えだけで難なく振りきりグラウンダーのクロス。優作がまたもやキーパーと心中し、こぼれ球がまたもや慎吾の所へ!慎吾は今度はきちんと「ごっつぁんですっっ!!!」

ゴーーーーーーーーーーール!!!!!!!!

今年もファーストゴールは慎吾だった。それにしても、先制点なんて素晴らしい。

さぁ、押せ押せだ!・・・・・と行くはずがどうも様子が変だ。ミョーに守備的、消極的なのだ。やはり慣れない事はするべきではないのだろうか。「大分が調子に乗ってくるじゃないかよぉ」と心配しつつ前半ロスタイム。しめしめ、前半ラストプレーだぜと思ったのが甘かった。ドリブルさせたら危険な大分FWにあって一番警戒するべき男、マグノアウベスの右足が一閃、山口を体半分振り切り、コンパクトな振りながらスピードに乗ったシュートがゴール左上にズバっと突き刺さる。ヴあーーーーーー!余計なことをーーーーー!

なんでこらえられねぇんだよ!と怒ったところでHT。15分後、両チームとも選手交代無しで後半に突入。前半と似たような感じなんだけど、若干こっちが押してるように見える。ただ最後にミスが多くてフィニッシュまで持っていけないので、何となく押してるようなんだけどもどかしい様な微妙な展開だ。

そんな65分、左からのCKにその瞬間は訪れた。

慎吾の蹴ったCKをエジがファーから中へ折り返す。そのボールはキーパーに弾かれたが、セットプレーで上がって来て混戦気味の中にいた海本あんちゃんの足元へ。あんちゃんは倒れこみながらボレー気味にゴール左上にシュート。

ゴーーーーール!!!勝ち越しっ!いやっ、素晴らしい!本当に素晴らしい!

あとは怒涛の大分の攻め。主にこちらの左から阿部ちゃんfrom東京が突破、クロス、シュート→こぼれ球を拾われまたチャンス、の繰り返しになってくる。このままだといつかやられるぞい、と思っていたらやっぱりやられちまいました。パターンどおりの阿部ちゃんの突破にボックス内で慎吾が絡み、新潟がやられたらノーファールなシーンにハゲ審判が反応、なんとPK!。しかし、マグノアウベスの蹴ったPKをどういうわけか野澤が横っ飛びで弾き出す。その直後のシーンも何とかクリアに逃げ、ウチは最大級のピンチを脱した。(その後ロスタイムに、左の至近距離からどフリーでマグノに打たれたがバーに当たって外れたのもあったようだ。G裏からだと良く判らんかった。)

その後ロスタイムに入り、監督は何をトチ狂ったかエジに代えて勲を投入。意図はわかりやすいんだけど、頼むからそんな采配しないでくれよぉ。ほれ見ろ、みんな引きこもっちまったじゃないか。これじゃサッカーにならんだろ。(この采配には実は頭にきている。)ということで、前線で全くキープできなくなったため先程のパターン強化版が展開されはじめるが、流石に大分はウチの「全員ゴール前守備」を崩せずそのままタイムアップ。昨年より1試合早く勝ち点3を手に入れることができた。

こう書くとなんかいい試合みたいだが、現実には降格候補同士がお互いにミスを連発し低レベルの試合をした結果、何とかウチが勝ち点3をモノにした、という試合でした。相変わらずミドルは打たれまくるし、ボックスのすぐ外まで誰もケアしに行かないし、ラインはすぐにずるずる下がるし、得点は偶然によるところが大きいし、パスはとまってる者同士しかつながらないし、なんか去年よりレベル下がってないか?なんか心配だなぁ・・・・・。

次はもうちっとまともなゲームしてくれよ。頼んだぜぃ。

【試合結果】
新潟2-1大分
得点者 新潟 29鈴木慎  65海本慶
      大分 44マグノアウベス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日

雪だってよぉ。凍え死にそうだよ、全く。折角のホーム開幕だろうがよ。
勝負に勝ってほしいけど、怪我さえなければそれでよしかな。

とにかく、無事に90分、あわよくば勝ち点が欲しいなぁ。それが何よりの暖房なんだけど・・・。

さて、明日も早いし、寝るかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショック!

今日、車を車検に出してきた。よしゃぁいいのに、懲りずにディーラー出しましたよ。

買って8年目、とは言えまだ80,000㎞走ってない車だぜ。いくらなんでも諸経費込みで¥240,000はねぇだろ。
夏のボーナスこれでパーじゃんよ(泣)。これじゃまるで「こんなにかかるんだから買い換えた方がいいですよ」といわんばかり。

もうあのディーラー出したくないなぁ。次の車検通さないで乗り換えようかなぁ。

それよか、ファビだよ、ファビ!。内転筋痛再発で長期リタイヤらしいなんて。

・・・・・そんなぁ(号泣)。

【次節予想スタメン】

      上野
慎吾         エジ
   山口    勲
      萩村
健太郎 丸山 兄 リマ
      木寺   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲーフラ

最近G裏にゲーフラが増えてきた。仲間3人位で細々出してたのがほんの3年前。確かにG裏の人数が比べ物にならないくらい増えたけど、それにしても増えたもんだ。

実は今シーズンが始まる前に新調しようと思って紺と白の2色の布を買ってあったのだけど、いいアイデアが浮かばず未だお蔵入り状態。

・・・・・はやくなんとかせねば・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Siamo persona?

昨日の最後はヤケでしたよ、えぇ。

あんな試合で応援してて、自分が馬鹿に思えてきましたよ、えぇ。(選手の皆さん、あんな試合でも最後まで応援する我々、ぶっちゃけ馬鹿に見えたでしょ?)

終わって帰る途中で瓦斯サポが得意げに新潟の選手を採点してるの聞いて、涙が出てきて情けなくて仕方なかったですよ、えぇ。

3点目入って気持ち切っちまった奴ら、試合やってる最中に腰引けちまってる奴ら、君たちはもう今のウチには必要ないからJ2行くなり何なり好きにしてくれ。ただし、ただで出ていかんと、ちゃんと金になるように。

控えの諸君。君たちの出番だ。勝てとは言わんから、せめて気持ちと意地を見せてくれ。

・・・・・ちゃんと冷静に見れば違うのだろうけど、今はそうとしか思えんなぁ。期待が大きかった分、ショックのでかさも正比例したし。

明日も早いや。もう風呂入って寝よ。

我々は、何者だ?

【第1節試合結果】
新潟0-4F東京(得点者:忘れた。思い出さない。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私は、「手」を見るのが好きだ。

とは言っても手相見ではない。

正確には「職人の手さばき」というか「仕事」というか・・・・・。例えば、中華料理屋(決してラーメン屋ではない)。職人が中華鍋をあおりながらチャーハンを作る。テキパキ段取りを進め、最後に出来上がったチャーハンをお玉の中に(あおりながら)まとめて皿にポン!と乗せる。毎回「すげー」と思う一瞬だ。

別にチャーハンに限らないが、外食先でこういった仕事をしている所を飽きもせず眺めるのが習慣になっている。

だから、というわけでもないのだけれど、サッカーの選手もテクニシャンタイプか何か一芸をもっている選手を好きになることが多い。その選手の一芸に素直に「すげー」となってしまうのだ。

今年その意味でも期待しているのは例のリマなんだけど、どうやらまだ調子が上がらないらしい。開幕戦はベンチスタートかな、とも思っているが、昨年のエジの例もあるから今年も長い目で見て使ってほしいと思っている。何か、自分で納得のプレー(フリーキックとかクロスとか)が出ればそこから調子が出そうな気がするんだが。

実は今日は凹んでるんで、期待とか希望でも書いて盛り上がらんと・・・・・ってワケでした。

あぁ、俺、何書いてんだろ・・・・・。

開幕まであと3日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »