« April 2006 | Main | June 2006 »

たまには

サテの話でも。

新発田のジャスコに行きたいってんでこっそりシーパスカバンに忍ばせて(笑)出発。で、帰り際雨がやんでたので、「チョッとだけ!」とかみさんと子供を拝み倒して五十公野へ。

着いてみたら、メインはもはや満員。で、仕方無しにG裏へ。(もちろんサポートする気なんて、まるで無し)

行ってみたら… え?…あれ…○○○じゃん。
…ふーん。

って感じで応援(?)開始。

まぁ、その場に行ってたほかの方に聞いてください。語るのも嫌になる程下手糞でした。やっぱ、奴等ダメだわ。

唯一面白かったのは山神さんとの掛け合いで、向こうから仕掛けてきたんだけどこれがなかなか気が利いてる。
お決まりのチームコールの後で、

山:幸聖元気?
新:氏原元気?
山:微妙な感じ!

…ウジよぉ、「微妙」なんて言われてんなよぉ。

(この後ウジダンスを双方がやりあう。あぁ、節操無ぇ…)

試合は15分しか見なかったけど、アラばっかり目立ってつまんなかったっす。特に前線はスタメンがユースの長谷部と幸聖。まるで点の入る匂いがしないし。
おまけに光がボランチ。まぁ、本職は本職だろうけど長いことやってなかったから(?)プレーを忘れた感じ。(あそこでSBの時と同じプレーしかしないのはいかがなものか?)

で、15分見て冷えちゃったんで退散。帰ってPC覗いたら0-0のドロー。

まぁ、妥当といえば妥当だろうけどあれじゃぁ・・・・・。

今日のスタメンで、トップで行けそうなのは残念ながらいないなぁ。早く左SBかCB連れて来ないとヤバいかもしれない。

サテ組はもっともっと頑張らんと。あ、あと、山神さん達乙でした。お気をつけてお帰りください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あれから随分

更新していないので、一体何をかけばよいのやら。

ナビスコの総括を少し。千葉戦見に行きました。千葉はアウェーだし「後勝ち点1で予選リーグ突破」なんで、ノーリスクに近い感じでやってました。(でなけりゃ、前半から縦ポン行って来いサッカーしないと思う)ウチは勝たなきゃだめなんで、固めた相手をこじ開けなきゃいけませんでした。

結局この差なんだろうね。あと、決定的に技術スキルの差。(やっぱ、良いCBか左SB連れてこないとなぁ)
前から言ってるけど、こればっかりは…ねぇ。

広島@ホームは行きませんでした。9人ボックス内に林立されたらガンバでも浦和でも無理です。

結局トーナメントにはいけなかったんで、2ヶ月しっかりリーグ戦の準備をしてください。
ハイ!以上!

追)伝説の巨神兵、ついに復活。待ってたよぉ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第12節

久々だったけど、やっぱスタジアムはいいっす。ただし、着いた時は体調最悪、過労気味でほぼ電池切れ状態。会う人会う人に「凄ぇ疲れてるね、大丈夫?」と言われる。(心配してくれた諸氏、thxです。でも、あきまへん)いや、本当に歩くのもしんどかったんですよ。

まぁ、最良の薬は勝ち点3と4得点でしょうか?(実際には体はちっとも良くならないのだけれど)
以下、感想。

・清水の両サイドは脅威でした。特に右の兵働、あいつを誰が面倒見ることになってたのか分からなかったんだけど、果たしてあんなにフリーにさせといてよかったんでしょうか。左の藤本がイマイチだったんで助かりました。両サイドがしっかりしてたら、と思うと「あぁ、良かった」。でも、案の定、点獲られたけどorz。

・全体的には3連戦の最後ということもあって動きも重かったんだけど、ポイントは光の先制点。前半を1-0で折り返せたのが大きかったっす。あれでちょびっと楽になりました。
いや、この「ちょびっと」が大事でね、今のウチには。特に前半押し込まれるシーンが有っただけにいやなムードを振り払うことができました。

・最後のアトムの投入後、アトムは何をするのか良く分からんまま中途半端な感じがしました。あの後急速にDMFとDFのバランスが崩れたのは何か関係が有ったのでしょうか。(詳しい方、どなたか教えてください)。

・とにかく、勝って良かったっす。

あぁ、またろくな事書かんと長々書いてもうた。

第12節
新潟4-2清水
得点者 新潟:光、慎吾×2、ファビ 清水:兵働、ちょ(PK)

貴章のチャントのタイトルは「おめ、決めれ、貴章」ではなく、「オメキメレキショー」なんで、間違えないように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第11節

今日、新潟川のG裏はニンニク臭くて大変だったろうに。

で、次節、こうじゃないかな?

      貴章
 慎吾  ファビ  アトム(宮沢)


でなけりゃファビ・貴章の2トップか。いずれにせよ怪我上がりのエジをハナから使うことはしないと思われ。

新潟11京都
得点者 新潟:汁 京都:パウ

それにしても、相手なりにサッカーすんの、やめてくんないかなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第10節

最近、良い試合してる時って俺スタにいないんだよね。物凄く寂しいなぁ。
改めて仲間とフットボール観る楽しさを痛感。勿論G裏にいる以上楽しい、嬉しいばかりじゃなくて苦痛の方も多いのだけど。

で、試合。テレビ(録画)もろくに見てないので少しだけ感想。

「ひたむき」って言葉は「継続すること」とほぼ同義。

続けてこそ意義があるんだぞ。忘れるなよ。>チーム全員

第10節
新潟1-0脚大阪

得点者:中原ゴォ~ル

そうそう。G裏でウジダンス知らない奴が多いって、本当だろうか。
ますます感情やセンスの共有が難しくなる・・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »