« 第1節雑感 | Main | 第3節雑感 »

第2節雑感

今日は風邪でダウン。どうせもともと休みなんだから良いんだけど、なんか損した気分だなぁ。

で、こうなった元はこの前の日曜日。試合経過は他を参照してください(毎回じゃん。)。
それでは試合の感想を。

とにかく、最後の2分間に今年のチームの可能性を見た。それが全て。

それまでは「腐っても浦和」。ディフェンスの1vs1で絶対負けない個人技、スペースを作る動き、パスの精度、やっぱり浦和。坂本が「前半だけでチャンスが5,6回あった」って言ってたけどそんな感じはしなかったなぁ。(近眼なくせにゲーム中はメガネを外しているので対面の展開はまるで判らない)
無論原因はそれだけではなくて、内の両OMFが出来があまりよくなかったってのもあるように思う。松下は相変わらず相手のSHフリーにしまくるし、慎吾は迷ってばかりで、今回も後ろからボールをかっさわられて思い切りピンチになってたし。

とにかくウチはボックス内で勝負できなかったし、向こうも何となく試合やってるみたい。そのうち、やっぱり苦手のセットプレーから失点、後半とっても良い時間に軽いプレーからカウンター喰らって(とってもキツイパターン)失点。去年まででなくても完全に負けパターン。

ただ、不思議だったのは次の2点
①明らかに個人技に優れる浦和がなぜ最終盤のあの時点で巧みなボールキープに出ずに、ポンポンとサイドに蹴りだしてウチにボールを供給し続けたのか。
②闘莉王が病み上がりでへろへろだったのはわかるけど、なぜオジェックは堀之内なりDFの交代をしなかったのか。(この前の試合で浦和は交代をしなかった)


そんな状況で出てきた3人がしっかり結果を出した(ただし○塩は失点に絡んだので減点対象。)のが最大の成果。特に河原。サイドハーフで守備しっかりやれってNDKDに言われてたみたいだけど、得点シーンの動きはやっぱりFW。(DFの視界から一回消えてぐるーっと迂回してあのポイントにタイミング良く顔出せるって、やっぱ並みの選手じゃないんだよなぁ。)去年辺りはいくら動いて要求してもボールがでてこなかったから、漸く周りが彼の動きを理解し始めたのかもしれない。もっと相手が強くて状態の良いときに真価を見てみたい。

あと、亜土夢。あの抜け出しとシュートは見事、その一言。ありがとう。

確かにあの同点シーンは物凄く感動したけど、欲言えばやっぱり勝ちたかったよなぁ。
あれで満足したら、それだけのチーム、それだけのG裏になっちゃうような気がしてさ。
そんな意味で、最後にウチ等がコールした「次勝つぞ!」、選手にはしっかりと胸に刻んで名古屋に行っていただきたい。
そう。まだ勝ち点2しか取ってないんだから。


それはそうと、浦和のホスト、あんなに良い選手だったっけ?(笑)

|

« 第1節雑感 | Main | 第3節雑感 »

「サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83764/14257568

Listed below are links to weblogs that reference 第2節雑感:

« 第1節雑感 | Main | 第3節雑感 »