« April 2007 | Main | June 2007 »

第13節雑感

ふーん。勝ったの。そう。(素っ気無く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「泣き言なんざ聞きたかないね。何とかおし」

と、おば様も申しております。(判る人には判るネタ)


この前言いたかったのは、「進歩ってのは現実を知りつつ、それを否定する所から始まる」って事。

現状を認めるだけってのはただの逃げ。せめて選手達には空元気でも大法螺でもいいから「ウチらはこんなんじゃない筈だ」って言ってほしかった。


明日、遠く磐田の地で闘う我らがチームとサポート達に「ひとつまみの幸運」を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あいつら(涙のナビスコ予選最終節)

簡単に夢を投げ捨てやがった。

今日は言わせて貰う。

「お前ら、最低。」

名古屋のスタメン見て、何人顔わかる奴らがいた?スタメンクラスで出てる奴の方が罰ゲームみたいだったろうがよ。

松下、「ゆっくり試合に入ったのは90分で1点獲ればいい試合だと思ったから」だ?なんで「俺が全部絡んで何点だって獲ってやるよ」って思わねぇんだよ。楽な相手だったら尚更だろ?勝とうって気がその時点で無さ過ぎだ。それともこの試合の重み、サポが今日勝って予選突破するのどれだけ期待してたか判らないだろ。判らないからそんな甘チャンな言葉吐けるんだろ。
そんなんだからいつまでたったって番手なんだよ。番手から抜け出そうと思わないなら要らねえからとっとと大阪に帰れよ。

マルシオ、誰のせいでもないだろうけど、昨日の勝負はあんたのPK失敗が全て。夢を潰したのは悪いがあんただ。暫くはあんたのコールできないよ。はっきり言えばあの1発で愛せなくなった。
次にあんたの名前コールできるのはいつのことやら。

深井、今回は見損なった。お前が言った「これがチームの現状」って言葉、そのまんま「俺達はヤル気の無い名古屋の2軍以下です」って言ってるのと同じだぞ。頼むから俺達がサポートしてるチームがそんなだなんて認めないでくれよ。もっと「俺達の誇り」って言ってる俺達の事も考えてくれ。

これはNDKDも同じ。前からこの物言いが気に入らねえ。

「これが今のチームの現状」だったら、そんなチームしか作れないような奴をいつまでも「監督」なんて呼びたかないぞ。さっさと次のチーム探しなよ。

あんたになってから選手が走れなくなった。シルビが前に何かのインタビューで「前の走り回るスタイルだったら私は新潟に来なかった」って言ってたから嫌な予感はしたんだけど、技術で劣る者が運動量でも負けたら何も残らないだろ。例え技術が有ったとしても、相手を上回る運動量ってのは必要だろ?

総じて昨日のチームにプライドが感じられない。チームに対して、「新潟」に対して、自分に対して。それが本当に許せない。自分のサポートしている奴らがそんなだなんて断じて認めたくはないから、あんな引き分け、闘い方、コメントはしてほしくなかった。

この失敗の埋め合わせは生半可じゃできないぞ。ちょっとやそっとの勝ちだけじゃでききないから覚えておきな。

あんたらが勝手に潰した俺達の夢は、俺達にとってそれだけの価値が有ったんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

第12節雑感

詳細はとりあえず他をご覧ください。

とにかく、ここの所立ち上がりにセットプレーで失点、がデフォになってきてる。毎試合後、選手コメントには「あそこは集中する所。次までに話し合わなければならない」ってコメントが出るけど、一向に改善の兆し無し。本当にちゃんと話し合っているのか?

それはそうと、深井はお見事。昨日は交代まで(その前10分位完全に消えてたけどさ・笑)堪能させていただきました。
まぁ、逆に言うと汁のいない試合はああいった形位しか得点の匂いがしない物なんだけど、それをしっかりゴールに繋げたのは深井の「その部分の」スキルの高さ。いままで日本人選手でああいったゴールを奪える選手がいなかったから非常に新鮮でした。これからもしっかり頑張ってレギュラー掴んでほしいなぁ。
前から懸命に動いて、必要であれば最終ライン近くまで戻ってきてボールを奪おうとするその姿勢をエジは見習い、貴章は思い出すべき。

そう。うちのFWはそれ以外の仕事のウエイトが高いのだ(泣)。だけど、これが無いと全体のリズムが出てこないので(実は、最近の調子の悪さはエジがサボって貴章が代表で変な癖覚えて前から追わなくなったからだと思っている。)必須のお仕事なのだ。頑張ってくれい。

まぁ、鹿島にとっては「後半あれだけ押し込んで…」、ウチにとっては「後半あれだけ押し込まれて」な試合でした。1-1は妥当な結果でしょうかねぇ。

それより、少し気になる選手コメントがあったので。

「後半足が止まってしまったので」

前は今頃からそんなこと言うチームじゃなかったはずなんだけど。
他のチームより技量が足りないなら、運動量で勝たんと話にならんよ。
監督さん、何か勘違いしてないかい?

(確かに前線見ると二人も変わってる。「ゲーム体力はゲームに出ないとつかない」って前任者は言ってたから、他がその分カバーしなけりゃならなくて体力的にかなりきつかったのは理解できるけど、それにしても、な感じをうけた。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あぁ、眠い

別に寝不足なだけじゃなくて、風邪だか鼻炎だかで飲んでる薬のせいなんですけど…。

「選手や監督は来ては去る。だが、我々は永遠だ。」

そう。クラブがある限り我々はクラブと共にある。
サポートは今だけじゃない。
またスタジアムに来たとき、きっとそこにはサポートがある。
サポートが有る限り、きっと居場所はそこに有る。

クラブがある限り、サポートも続くのだ。

さあ、行こうぜ俺の新潟 俺と共に
さあ、行こうぜ俺の新潟 君の為に

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第10節雑感(甲府のスーパー爺さん)

詳細は他所を見ていただくとして、内容としてはいかがなものかと思うけど何より勝ったことが大事。

しかし、あのエジのわざとらしいダイブまがいのプレー(カレー券ゲットしてたけど)だけは毎度毎度ゲンナリ。
ストライカーなんだからもっと点につながるプレーで勝負すべき(理想論だけど)。

あと、どういうわけか「どフリー」でもボールが回ってこないようだが、貴章君は最近チームメイトに信頼されてないのか?ちーっとばかし気になるぞい。


甲府♂の皆さん、オレンジの地獄へようこそ。

(追記)深井ゴールの時、月光やってやりたかったなぁ。草津でちゃんと練習したのに(笑)なんでやらなかったんだろ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第9節雑感

別に映像すら見ていないけど、いくつかの観戦記を渡り歩いてみるとおおよその見当はついてくるものなので。

とにかく、0-6で大敗した後のアウェイゲーム、とにかく負けないこと。願わくば無失点がベスト。で、両方満たした(だけど勝てなかった)のでまずは最低限クリア。

次の試合もまた難しくなりそう。とにかく、勇気をもって闘う事が大事。
そう。俺達がついてる。


明日、全力で闘う我らがチームとサポートたちに幸運を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第8節雑感

詳しくはどこか違うところを見てくださいな。

終わった直後は「こん畜生」くらいだったのだけど、翌日辺りからじわじわ来始めて、正直昨日はかなーり凹んでました。

あるカリスマは「次勝つしかねーんだよ!」と、違うカリスマの肩掴んで揺すりながら絶叫し、ある人は今まで見たことも無い顔で「ホームでこんな試合見たかねーよ」と悲嘆し、ある人たちは帰りの車の中でクソ共の蛮行は2ちゃんの釣りだと認定し…。それぞれの受け止め方で惨敗を受け止めてたけど、やっぱきついわ。

敗因を探すのは容易。でも、それを次に生かせるか、が至難。

帰りの車の中で誰かが言ってた。

「次こそ俺達のサポ力が試されるね」


明日、柏の地で闘う我らがチームとサポート達に幸運を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »