« November 2007 | Main | January 2008 »

今年の最後に

北越、島原商に勝ったみたいね。おめでとうございます。今年の最後にとても喜ばしいニュースでした。

今年一年御覧いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

今年の後半から新潟のサッカーに関しては非常に鬱な話題ばかりが先行して、純粋にサッカーを楽しむ、サポートをするといった極当たり前の事が難しい状況が続いています。来年はこういった難しい状況下でのシーズン開幕を迎えることになりそうです。そして、その状況は恐らく来シーズン一杯続くでしょう。

ですが、こんな時こそもう一回考えてみませんか?思い出してみませんか?

どうして新潟を応援するようになったんだろう、って。
なんで新潟が好きなんだろう、って。

結論は皆さんそれぞれでしょう。そして、その解の中にこの状況を乗り越えるヒントがあるかもしれません。
いえ、「かもしれません」じゃなくて、「あるはずです」。

今この状況で必要なのは、皆さんそれぞれがこのヒントをもとに自分のできることを考え、行動することじゃないでしょうか。

「自分の置かれたシチュエーションの中で、精一杯できることを。」
来年はそんな心構えで行きたいと思います。

今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

来る年が新潟と皆さんにとって素晴らしい年でありますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここまでのまとめ

新フィジコが決まってまずは一安心。ただ実績が無いのがちと不安。彼がいた時代、ポンチプレッタはただの「古豪」だったし、ブラジリエンセはただのネタクラブ。(確かフラビオは前年度のブラジル最優秀フィジコだった。今考えると何で新潟に来たのか不思議。)他所でも言われてることだけど、とにかくこれまでの鬼軍曹路線の継承を是非お願いしたい。

後は3人目のブラジル人。交渉は最終局面のようだが本当だろうか。ブラジルのメディアで噂すら無いと言うのはどうもおかしい。いずれにしてもビッグネームがその名前どおりの活躍をするわけじゃないので、新潟にフィットできる力のある選手が理想。2001年下半期以来、ここまでレギュラークラスのブラジル人はハズレが無いので今回も期待してるけど。

で、日本人の補強。
最大の草刈場は今や千葉。優秀なレギュラークラスがばかすか噂に上がる体たらく。今の所新潟は獲得に名乗りを上げていない(金満クラブと競合になりそうだからかな?)けど、声掛けくらいはしているのだろうか。
千葉ならずとも良い選手はまだまだいるので最小限のピンポイントはやっていると思いたい。
「金が無いから」っていうのもわかるけど、戦力のない所に成績アップは望めないのだ。

新戦力っていや、星陵の鈴木君。高校生の中ではかなり評価が高いらしい。
そんな選手が新潟に来るようになったかい。
よきかなよきかな(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の更新

「長い長いオフシーズンなので書くこと無くって」

って言うのは冗談で、ただ単にサボってただけです。

で、移籍関係は新規獲得情報は無し。毎年の例を見ても年明け発表なのでしばし冬眠。

そういえば最近の某スポーツ紙に千葉が坂本にオファーって記事が載ってたみたいだけど、本当だとすればそれは無しだよなぁ、って感じだよね。主力が出て行きたがるのはそのクラブが駄目なんだからであって、それに他のクラブを巻き込んで迷惑掛けるのはやめてほしいよ。坂本こちらじゃすっかり主力中の主力なんだから。
でも、なんで千葉って毎年主力級が出て行くのかねぇ。他所の事情は知らないけど、なにか余程構造的な欠陥が有るんだろうか?とにかく、ウチがそんな風にならないのを祈るばかり。

あと、サッカー関係の本を今一冊読んでるので読み終わったら読書感想文を書く予定です(笑)。


で、石○防衛大臣、UFOやゴジラに対する防衛訓練はやっぱりするんでありますか(笑)?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「新潟の名にかけて」

まずは、この記事。

ジュニアユースが全国大会に挑む(これだけでも充分天晴れか)って記事でかなり要約されてるんだけど、新聞紙上の記事の見出しがタイトルのとおり。そして主将の意気込みコメントにも「新潟の名にかけて」って言う言葉が出てくる。

いいじゃない、いいじゃない。「俺たちの誇り新潟」って言葉を背負って闘おうってその心意気。

そんな意気込みを持った下部組織が全国大会に名乗りを上げる、そんな風に新潟も漸くなってきた、そんな感じがする。
ジュニアユースの諸君、この意気込みを忘れることなく更に精進を重ねてくれ。

そして、そんな彼らがいつかトップのピッチに来る、その日が今からとても楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今シーズン雑感

良かった点:過去最高順位、失点減少、若手アンダー代表で活躍。
悪かった点:得点力上がらず、9月に一回も勝てなかった(アレさえなければ…)。
もっと頑張りましょう:社長(長たるもの、状況判断を誤るととんでもないことになりますぞ。)

実際に見た中で一番良かったゲームはこの前の東京戦。(他の試合がもっと良かったみたいだけど、悉く見ていない(泣))
ワーストはナビスコ最終戦VS鯱8@H。あれほど酷い試合を見た事が無い。あれなら2000年シーズンの試合の方が少しはマシ。

やってるサッカーが面白くなってきたのに観客数が減ってるのは残念。あと、結果しか見に来てない人達が増えたのも残念。本当にブーイングしなきゃならん試合なんて、そう沢山あるもんじゃないと思う。(例えば上のワーストの試合、ありゃ完全にブー。他はするまでもないと思うが。)
負けりゃとりあえずブー、じゃ選手もやってらんないんじゃないか?まぁ、救いは最終節の大分戦でブーする輩がいなかったこと。あの試合はとりあえず試合を見てたってことなんでしょうか。

自分も含めて、「長い」オフシーズンにサッカーをもっと見て勉強しましょう。


そうそう。エジの後釜、アレッサンドロ@イパチンガがほぼ決まりみたい。
来年はブラジル全国選手権セリエB得点王の力、見せてもらいましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第34節雑感

振り返ってみると、なんと4年間最終戦行ってなかった。自分でもへぇ、と思ってしまうのだが。

で、最終戦。詳細は他所で見てもらうとして、完敗。本当に大分良かった。
出足で負け、競って負け、精度で負け、気迫で負ければいくら奥谷がアレじゃなくても勝てないよ。
後半主導権を握ったみたいな報道が有ったようだけど、点の匂いがしないボール保持はあまりペース握ってる感じしないと思うぞ。

で、慎吾。
やっぱりウチの戦術が合わないだけだったようで。新天地で頑張ってください。
で、エジ。
ウチの器を越えてしまったということなんでしょう。願わくばブラジルで頑張ってほしいものですが果たして?

今、ウチのチームは来期のチーム編成中。ブラジルでは某チームのFWをウチが調査、その後日本のチームと仮契約みたいな報道が有るらしい。この選手が来るという噂がもっぱらのようだが、それだけじゃ足りない。
適材適所の無駄の無い補強をフロントには是非お願いしたい。


来年のユニ、買おうかなぁ。縦縞復活だし(嬉)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »