« January 2009 | Main | April 2009 »

天敵は果たして人間なのか?~第3節雑感

詳細は他の所へどうぞ。

映像すら見ていないので、現地組とモバアルの断片的な情報から少しだけ。

大分のアウェイは一度も勝ったことがない。
まさに鬼門だ。

とりあえず勝ち点1はOK。あの条件下でよくやった。
「引かれた時の攻撃」という課題はある。でもこれは今に始まったことじゃないので、今後のトレーニングの中でアイデアなりプレー精度の向上なりやっていくしかないんだろう。


ただ以前から感じていたことだけど、九石ドームの芝は何とかならんのか?
いっそのこと、何年か使わないで土壌改良からやり直すか大分市陸にホームを変更すべきじゃないか?やる度に選手が壊れていくのは、あのすぐにめくれ上がって滑る芝のせいじゃないのか?

自分とこの選手が壊れんのはいいだろうけど他のチームにも迷惑がかかる。早い所そうしてくれ。


今日の他チームの試合の結果でついに「単独首位」になった。
1部に昇格して6年、やっとこの日を迎える事ができて素直にうれしい。

だが、シーズンはまだ始まったばかり。
これからもまだまだ辛い闘いは続く。
克服すべき課題も多い。

油断せず、おごらず、でも自信を持って前に進もう。
良い結果がついてくると信じて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかイロイロあったようで~第2節雑感

詳細は他の所を参照のこと。

とにかく勝った。前半、セットプレーとミスに付け込んでの2得点、今年はやはり一味違うと実感。
でかくて宇宙人な2人とポスト、シュートに優れた一人。この3人は本当に相手にとっては厄介だろうな、と。
どんなに押し込んでも縦一本であっという間にピンチになっちゃうんだから。
ありゃ、いやだね。

前節に引き続き全体的なそれぞれの役割がはっきり見えない中で、これでもっと整理されてきたらどんなになるんだろう?(今のままで充分整理されてるんだと言われちゃう気がしないではないんだけど)

あと、今のシステムは多分夏場にピンチになる(研究されても来るだろうし、本来今以上に走ることが前提のシステムなので体力的にきついと思う)。その時にどう対応するのかが気になる所。4-4-2に戻すのか、もうちょっと違う形になるのか。それともやっぱり今のままなのか。

いずれにしても選手層自体は昨年よりもまともなのだから、今の控え選手たちが伸びてきて誰が出ても遜色ないくらいになるのが一つの理想形。それを目指してほしいところですな。


あと、鹿島。今回のこのプレー一発で大嫌いになった。↓

マルキーニョスの蛮行

他でも散々貼られているからもう見飽きただろうけど、この他にも他の選手もレフリーの見てない所でやりたい放題。これが故意じゃなくてなんなんだ。

「見てなきゃ何でもアリ」ならスポーツじゃない。

“Spirits of ZICO”って、そのことなのか?「汚いずる賢さ」ってことなのか?

他の奴らの事だからどうでもいいってわけじゃない。現実に被害はこちらにも及んでいるし他のチームに及ぶことだって十分にあり得る。何らかの制裁は絶対に必要だろう。


まぁ、こんなならず者共に負けなくてよかった。


鹿嶋國の皆さん、オレンジの地獄へようこそ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今年もいよいよ開幕~2009年シーズン第1節雑感

随分と更新をさぼってました。別に書くことが無かった訳じゃないんですが。すみません。

ということで、詳細は他の所でどうぞ。

結果、1-4で開幕戦に勝ち。調べてみると2003年シーズンのJ2時代、犬宮戦以来だとか。
そうかー、そんなに勝ってないかー。そーだよなー。

この試合のポイントは、多分先制点と追加点。
中盤ははっきりと後半途中まで負けていた。(3点目以降は東京がボロボロ。集中力切れた感じ)
何とかしのいでワンチャンスをモノにした先制点、追いつかれて嫌なムードになりかかってた所ですぐに突き放した2点目、共に「いい時間」(東京にとっては一番イケナイ時間)に奪った得点で、東京にはかなり効いたように見えた。現に羽生も「2点目が入って以降バランスを崩して」ってコメントしてるし。

ただ、攻守ともにまだまだプレーの整理が必要。選手同士がかぶる場面も散見されて「コミュニケーション」もまだまだ。ダイナミックな展開とかも殆ど無かったので、今後はこういった部分の修正を図るのかも。

いずれにせよ、これからの熟成次第では面白いことになりそう。
去年とは大違い。このチームの行く末が楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« January 2009 | Main | April 2009 »